伝統産業の革新

伝統産業について

 東京の伝統工芸品は、長い年月を経て東京の風土と歴史の中で育まれ、時代を越えて受け継がれた伝統的な技術・技法により作られています。

伝統工芸品は、手作りの素朴な味わい、親しみやすさ、優れた機能性等が、大量生産される画一的な商品に比べて、私たちの生活に豊かさと潤いを与えてくれます。伝統工芸品は地域に根ざした地場産業として地域経済の発展に寄与するとともに、地域の文化を担う大きな役割を果たしています。現在、40品目が東京都の伝統工芸品として指定されています。(以上 東京都 産業労働局HPより引用)

 しかしながら、伝統的工芸品産業は、全国的にみると昨今の生活様式の変化や、海外からの安価な輸入品の増大等により、需要が低迷し生産額の落ち込みに伴って企業数・従事者数ともに減少傾向にあります。

伝統産業についての支援概要

 東京都よろず支援拠点では、全国的にも高い技術力やブランド力がある東京の伝統工芸産業の革新に向けて、事業者様、産地、関係者の方々の現状やご意向をお聴きしながら、効果的なご支援をしたいと考えています。

 次世代に期待が持てるビジネスモデルの革新に向けて戦略面、戦術面、両面から効果的なご支援が出来るように国、東京都、自治体レベルの支援施策も絡めながら、❝最小のコストで最大の効果を!❞をモットーに個々の事業者様、産地、関係者の方々のお立場に立ってアドバイスさせていただきます。

伝統産業の支援につき東京よろずからのメッセージ

 長い間ご商売をされてきた皆様には、独自の素晴らしさや魅力があると私たちは考えております。しかしながら、ご自身でご自身の素晴らしさや隠れた魅力に気づくことは、意外と難しいとも感じております。

 幸いにも私どもは皆様のお客様(お取引様、最終消費者様)と接する機会が多いので、その経験やそこで得た知恵やユーザー目線に立ったアドバイスを適宜、ご提供させていただきたいと思います。どうかお気軽にお申し付けください。

03-6205-4728

主な支援内容

経営上のお悩み
補助金、助成金活用
創業、起業
事業計画
法務・契約関連
税務関連
WEBサイト、SNS
営業ツール
法人設立
伝統産業の革新
飲食店開業
農商工連携