【東京都よろず支援拠点】バリューチェーン改善で儲ける力をUPのポイント

この記事の内容は、2018/11/1 にメルマガで配信した内容をバックナンバーとして掲載しています

最新情報はメールマガジンでご連絡しています。

皆様

こんにちは!東京都よろず支援拠点です。

 

本メールは過去名刺交換をさせて頂いた方、

東京都よろず支援拠点のメルマガ登録をして頂いた方、

に一斉配信をしています。

  

 クリスマス、忘年会シーズンに入り楽しみである一方で食べ過ぎ、

飲み過ぎには注意しなくてはいけませんね。

東京都よろず支援拠点ではコーディネーター数名が有志で

「ダイエット部」を立上げ11/1~12/末の間での減量値を競い合うという

企画を実施しています。

 

さて今回は、「バリューチェーン改善で儲ける力をUP」について記載します。

小規模企業様から「この事業は儲からないのでやめよう思う」という

ご相談をうけました。

しかし、「この事業は儲からない」と直ぐに判断するべきではありません。

なぜなら、儲からないと思われていた事業でもやり方を変えれば、

儲かる事業に生まれ変わることがあるからです。

 

ある小規模企業様は、海外から製品を輸入しネット販売していました。

海外での調達、輸入、在庫、物流、EC販売といった流れのなかで

改善できる事が無いかを考えました。

 

そこで、これまで自社ではほとんど力を入れられていなかった、

「海外での調達」「EC販売」に着目し強化することができないかを

検討しました。

そして、「海外での調達価格を低下」、「EC販売の方法を変更」

により収益性を改善出来たのです。

 

この様に、 顧客に商品を提供するまでの流れ  のことを

「バリューチェーン」といいます。

日々商売をしていると、ついつい顧客や商品にばかり着目して

しまいがちですが、視界を広げバリューチェーンを強化する

という視点で考えてみると改善に繋がる可能性があります。

 

東京都よろず支援拠点

コーディネーター 西川


東京よろずメールマガジン

ご登録いただいたアドレス宛に、「経営お役立ち情報」等をお送りします。東京都よろず支援拠点からの情報をタイムリーに受信したい方は、是非ご登録下さい。