SDGsと企業の取組みについて

この記事の内容は、2019/7/17 にメルマガで配信した内容をバックナンバーとして掲載しています

最新情報はメールマガジンでご連絡しています。

皆様

こんにちは!東京都よろず支援拠点です。

 

さて、今回は「SDGsと企業の取組みについて」に関して記載しました。

 

最近、17 色のカラフルなバッチをしている人を見かける事が

多くなりましたが、これは、SDGsという国連サミットて゛採択された

国際目標のバッチですね。

2015年9月の国連サミットで採択された
「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と
包摂性のある社会の実現のために、
記載された2016年から2030年までの国際目標。
17のゴール・169のターゲットから構成されます。

引用元:引用 外務省WEBサイト「SDGsとは」

国際目標であり、その方向で世の中が進んでいくのは

間違いないので、内容を知って経営に上手く取入れて

いく事が重要です。

 

一方で、先日お会いした企業様などでは自社の今後の

取組みにSDGsの目標を取入れようとして悩まれている

ケースもあるようです。

 

・多すぎてどれを選ぶべきか悩む

・社内に考え方が浸透しない

 

といった声があるようです。

 

確かに企業が個別に、17項目全てに対応する事は難しいし、

SDGsの目標にそのまま取組む事で確実に経営が良くなるという

保証はありません。

 

この点は、政府が具体化・拡充を進めているようです。

 

経済産業省が5月にまとめた「SDGs経営ガイド」では、

SDGs経営とESG投資という視点でまとめられています。

https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190531003/20190531003.html

 

「SDGs」のキーワードで引続き情報をウォッチしていく事が重要ですね。

 

東京都よろず支援拠点

コーディネーター 西川

03-6205-4728