東京都よろず支援事例 2019 case12

東京都よろず支援事例 2019 case12

安心してビジネスを行うための法的支援の提供

抱えていた課題

●これまで地道な活動により事業内容を充実させ、複数名の講師陣を抱えながら英語学習塾を経営してきたが、社内体制を体系的に整備していない面があり、契約書類等の作成経験も少なかった。
●これらの整備がなされないままであったため、そのことが事業活動を委縮させる結果となり、事業を行う上でどのようにリスクマネジメントをしていくかが課題であった。
(上部画像:教室の風景)

馬場コーディネーターが行ったこと

●経営理念、事業内容を踏まえ、都築様が抱えている問題意識をもとに、現状の把握と課題の抽出(事業、組織、法律関係等の「見える化」)。
●場面に応じてメリハリをつけて作成すべき申込書、契約書類等各種書類の整備を提案。
●都築様が作成した各種書類を基に具体的な改善案を提案。
形式的に契約書類等を整備するだけでなく、契約に関する考え方、法的観点からのリスク管理の在り方をお伝えし、都築様が実際に運用出来るようにアドバイス。
●パンフレット等の広告を作成する際の法的留意点をアドバイス。
●ロゴの検討。
(上部画像:幅広い年代の方が教室に通う)

成果

●社内体制が整備され、業務内容や特徴がわかりやすくなったことにより、講師や受講者をはじめとする各関係者の理解が深まった。
●契約書をはじめとする各種書類が整備された。
●広告用のパンフレット、ホームページ、ロゴ等を作成することが出来た。
●事業の根幹が体系的に整備されたことにより、安心して事業に取組むことが出来る様になり、結果的に売上拡大につながった。
(上部画像:リラックスした雰囲気のレッスン)


◆支援のポイント◆

法的リスクを恐れるのではなく、そのリスクを正しく認識し、対策をした上で事業を行うことの重要性をお伝えし、今後安心して事業活動を行うことが出来るようにするためにはどのようにしたら良いかを、都築様と共に検討し、法的整備を行ったこと。

相談者様の声

教室の規模が少しずつ大きくなるにつれて、不安や悩み事が増えていきました。馬場さんは、私の疑問に対して、丁寧にしっかりと向き合ってくださいました。おかげさまで、ひとつずつ、きちんと理解しながら体制づくりを進めることが出来ました。本当に感謝しています。


Bellevue 英語の部屋 代表 都築 恵 様

英語をメインとする学習塾を経営。受講生は小学生から80代の大人までおり、各受講生のニーズに応じて、海外経験、実績が豊富な講師陣から実体験をもとにした活きた学問を学ぶことが出来る。
〒206-0823 東京都稲城市平尾2-16-10フローラパート1 202
Tel. 042-350-0926
https://eigonoheya.jp 

馬場コーディネーターのコメント

契約書をはじめとする各種書類等の整備により、安心して事業を行うことが出来る様になったというお言葉をいただき、大変嬉しく思います。


馬場コーディネータープロフィール ▶︎


◀︎ 東京都よろず支援事例集にもどる