>>【人気】GMOオフィスサポートの評判・クチコミ

個人事業主向け会計ソフトおすすめ5選|機能・料金・サポートを徹底比較!【フリーランス・個人事業主は必見】

本サイト・記事にはPRが含まれています
個人事業主向け会計ソフトおすすめ5選|機能・料金・サポートを徹底比較!【フリーランス・個人事業主は必見】

「確定申告って、毎年面倒だな…」

そう思っている個人事業主の方も多いのではないでしょうか?

確定申告は、個人事業主にとって避けては通れないものですが、帳簿付けや書類作成など、さまざまな作業が発生し、時間と労力を要します。

しかし、会計ソフトを活用すれば、これらの作業を効率化し、確定申告をスムーズに行うことが可能になります。

この記事では、個人事業主向け会計ソフトのおすすめ5選と、ニーズ別に選ぶためのポイントを解説します。

この記事を読めば、あなたにぴったりの会計ソフトが見つかり、確定申告の手間を大幅に軽減できるはずです。

「とにかく結論を知りたい!」

という方に向けて、まずはまとめの表をお示ししますね。

ソフト名一言コメント特徴料金
会計freee初心者でも使いやすい操作性と豊富な機能で人気の定番ソフト領収書画像アップロードで自動仕訳、請求書発行、銀行口座連携などスタータープラン:月額1,180円 / 年額11,760円
スタンダードプラン:月額2,380円 / 年額23,760円
プレミアムプラン:年額39,800円
マネーフォワード クラウド会計自動仕訳機能が充実!銀行口座連携で経理業務を効率化多様な金融機関との連携、自動仕訳機能で入力の手間を大幅削減スモールビジネス:月額3,980円 / 年額35,760円
ビジネス:月額5,980円 / 年額59,760円
弥生会計 オンライン長年多くの企業で利用されてきた信頼と実績のあるソフトシンプルな操作性で使いやすい、充実したサポート体制セルフプラン:月額2,780円 / 年額27,800円
ベーシックプラン:月額3,760円 / 年額37,600円
ちまたの会計非営利団体向け!無料で使える簡単操作の会計ソフトスマホアプリでレシート撮影入力、自動仕訳、分析機能も充実。無料プラン:無料(年間取引50件まで)
ベーシックプラン:年間11,880円
プレミアムプラン:年間23,760円
Zoho Booksグローバルな事業展開にも対応!多言語・多通貨対応海外取引にも対応可能な多言語・多通貨対応、豊富な機能を備えた海外製のクラウド会計ソフト無料版:無料
ベーシック:月額1,400円
スタンダード:月額3,500円
プレミアム:月額8,400円

中でも、筆者の独断と偏見でおすすめする会計ソフトは、「会計freee」と「マネーフォワード クラウド会計」です。

この2つは、操作性、機能性、価格のバランスが優れており、多くの個人事業主から支持を得ているサービスです。特に、自動で仕訳してくれる機能が充実しているので、会計ソフト初心者でも安心して使うことができます。

さあ、あなたも会計ソフト導入で、確定申告のストレスから解放されませんか?

会計ソフトの検討と合わせて押さえておきたいのが「バーチャルオフィス」です。主要都市の一等地の住所をビジネスに利用できる「住所貸し」サービスのことで、「領収書や請求書に自宅住所を書きたくないな」などプライバシー感度が高い方に愛用されています。

筆者は「GMOオフィスサポート」というバーチャルオフィスを利用中です。

 

 

  • GMOオフィスサポートなら、月額660円から一等地の住所をビジネス利用できます!
  • 「自宅住所を知られたくない」「好立地でビジネスをしているように思われたい」そんな方にはイチオシです!
新規ご契約特典
初年度基本料金3ヶ月分無料プログラムが利用可能!
目次
\ まずは無料でお試し!
AI自動文字起こしサービス【Notta】

リアルタイム文字起こしを体験してみよう >>

個人事業主・フリーランスが会計ソフトを導入するメリット5選

会計ソフトを導入すると、あなたのビジネスは大きく変わります。

「時間」と「労力」を解放し、本来の事業に集中できる環境が手に入ります。

面倒な経理業務を自動化し、業務効率を大幅に向上させることで、売上アップや新規事業への挑戦など、事業成長を加速させる力となります。

具体的には、以下のメリットが期待できます。

1. 帳簿作成が驚くほど簡単&効率的!

会計ソフトは、売上や経費の記録、仕訳、集計などを自動化してくれるため、手作業に比べて大幅に時間と労力を削減できます。

例えば、レシートや領収書をスマートフォンで撮影するだけで、自動でデータ入力や仕訳処理が行えるソフトもあります。

もう、あの領収書の山と格闘する必要はありません!

2. 経営状況を可視化!ビジネスの進むべき道が見えてくる!

会計ソフトは、売上や経費などのデータを分析し、グラフや表でわかりやすく表示することができます。これにより、事業の現状を把握し、今後の経営戦略を立てるための重要な情報を得ることができます。

例えば、売上推移や経費内訳を分析することで、売上向上のための施策やコスト削減のポイントを見つけることができます。

「あれ?今月はいつもより経費が多いな…?」なんていう時も、原因をすぐに突き止められます。

3. 確定申告がスムーズに!面倒な作業から解放されよう!

会計ソフトは、確定申告に必要な書類作成を支援してくれます。売上や経費などのデータを基に、自動で申告書を作成できるため、申告作業の手間を大幅に軽減できます。

さらに、e-Tax対応のソフトであれば、税務署に直接提出することも可能です。

もう税務署へ行く必要もなくなり、確定申告が本当にラクになります。

4. 法改正にも対応!最新の情報で安心!

税法や会計基準は、頻繁に改正されます。会計ソフトは、最新の法改正に対応したアップデートが提供されるため、常に正しい帳簿を作成することができます。改正に対応していない会計ソフトだと、誤った帳簿を作成してしまい、税務調査で指摘される可能性も…。

最新の情報で安心して事業運営ができるように、常に最新の会計ソフトを使いましょう。

5. ミスを減らせる!正確な数字で経営判断!

会計ソフトは、データ入力や計算などを自動で行うため、人為的なミスを大幅に減らすことができます。手作業だと、どうしても入力ミスや計算ミスをしてしまうこともありますが、会計ソフトなら、そんな心配もありません。

正確な数字で経営判断を行い、より確実な事業運営を目指しましょう。

個人事業主・フリーランスのための会計ソフト選び方5選

会計ソフトは数多くの種類があり、それぞれ機能や料金が異なります。自分に合った会計ソフトを選ぶために、以下の5つのポイントを参考にしましょう。

1. クラウド型かインストール型か

会計ソフトには、クラウド型とインストール型の2種類があります。

クラウド型は、インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこからでも利用できるのが特徴です。外出先でも、スマホで簡単に経理作業ができるので、非常に便利です。

一方、インストール型は、パソコンにソフトをインストールして利用します。インターネットに接続できない環境でも利用できますが、パソコンにインストールする手間や、最新バージョンへのアップデートが必要になります。

種類特徴メリットデメリット
クラウド型インターネット環境があれば利用可能初期費用が安く、場所を選ばずに利用できるインターネット接続が必須
インストール型パソコンにインストールして利用インターネット接続が不要初期費用がかかり、最新バージョンへのアップデートが必要

初めて会計ソフトを導入する場合は、初期費用が安く、場所を選ばずに利用できるクラウド型がおすすめです。

2. 無料版と有料版の比較

会計ソフトには、無料版と有料版があります。

無料版は、基本的な機能しか使えない場合がありますが、ランニングコストを抑えられます。お試しで会計ソフトを使いたい、あるいは規模が小さく、それほど多くの機能は必要ないという場合に適しています。

有料版は、より多くの機能が利用できますが、ランニングコストがかかります。本格的に事業に取り組むようになり、より多くの機能が必要になった場合に検討しましょう。

種類特徴メリットデメリット
無料版基本的な機能のみ利用可能ランニングコストを抑えられる機能が限定されている
有料版高機能な機能が利用可能業務効率化を大幅に図ることができるランニングコストがかかる

無料版で試用し、必要に応じて有料版にアップグレードするという方法も有効です。

3. サポート体制の重要性

会計ソフトを選ぶ際には、サポート体制も重要な要素です。

サポート方法特徴
電話サポート緊急時に役立つ
メールサポート詳細な質問や資料のやり取りに便利
チャットサポートリアルタイムで質問できる
オンラインマニュアル自分で調べることができる
FAQよくある質問集

サポート体制が充実している会計ソフトを選ぶことで、わからないことがあった場合でも、スムーズに解決することができます。

特に、会計ソフト初心者の方にとっては、サポート体制が充実していることは安心材料になります。

4. 金融機関との連携機能

金融機関やクレジットカードとの連携機能を持つ会計ソフトは、取引情報の自動取得やデータ入力の自動化など、経理作業を簡素化することができます。

連携機能特徴
銀行口座連携自動で取引情報を取得し、データ入力の手間を削減
クレジットカード連携クレジットカードの利用明細を自動で取得

これらの機能を活用することで、経理業務にかかる時間を大幅に削減し、事業に集中することができます。

5. PCのみならずスマホやタブレットにも対応しているかどうか

Windows、Mac、スマートフォンなど、各デバイスに対応しているかどうかも確認する必要があります。

デバイス特徴
WindowsWindowsパソコンで利用可能
MacMacパソコンで利用可能
スマホスマートフォンで利用可能
タブレットタブレットで利用可能

複数のデバイスで利用できる会計ソフトを選ぶことで、場所を選ばずに経理業務を行うことができます。

外出先でも、スマホで簡単に経理作業ができるのは大きなメリットです。

個人事業主・フリーランスにおすすめの会計ソフト5選

上記のポイントを踏まえ、個人事業主におすすめの会計ソフトを5つ紹介します!

1. 会計freee

freee会計のLPキャプチャ

初めての確定申告で不安な人におすすめ(筆者はこれ使ってます)
操作がシンプルでわかりやすい!
freee専門の税理士さんもいますよ

会計freeeは、クラウド型会計ソフトのパイオニアとして、多くの個人事業主から支持を得ているサービスです。

初心者でも使いやすい操作性と、豊富な機能が魅力です。

機能特徴
売上・経費管理領収書やレシートの画像をアップロードすれば、自動で仕訳処理をしてくれるので、入力の手間が大幅に削減できます。
請求書発行顧客先へスムーズに請求書を送信できます。
銀行口座連携銀行口座と連携することで、取引情報を自動で取得し、データ入力を自動化できます。
決算書作成入力したデータに基づいて、自動で決算書を作成できます。
消費税申告消費税の申告に必要な書類作成を支援します。
複数ユーザー対応複数人で会計ソフトを共有して利用できます。
経営分析機能売上や経費などのデータを分析し、グラフや表でわかりやすく表示できます。
顧問税理士連携顧問税理士とデータを共有し、スムーズに連携できます。
料金プラン名詳細
月額1,180円
年額11,760円
スタータープラン基本的な機能が揃っており、個人事業主の多くが利用しています。
月額2,380円
年額23,760円
スタンダードプラン消費税申告機能や複数ユーザー対応機能が追加されます。消費税申告が必要な事業主におすすめです。
年額39,800円プレミアムプラン経営分析機能や顧問税理士連携機能が追加されます。より高度な機能が必要な事業主におすすめです。

会計freeeの公式サイトはこちら

2. マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワードクラウド会計のLPキャプチャ

自動化で業務効率を上げたい人
さまざまな金融機関との連携機能がほしい人にピッタリ

マネーフォワード クラウド会計は、銀行口座やクレジットカードなどの取引情報を自動で取り込み、自動仕訳してくれる機能が充実しています。

自動化による業務効率化を重視する事業主におすすめです。

機能特徴
売上・経費管理自動仕訳機能が充実しており、取引情報の入力の手間を大幅に削減できます。
請求書発行顧客先へスムーズに請求書を送信できます。
銀行口座連携多様な金融機関と連携し、取引情報を自動で取得できます。
決算書作成入力したデータに基づいて、自動で決算書を作成できます。
給与計算従業員の給与計算を簡単に行えます。
複数ユーザー対応複数人で会計ソフトを共有して利用できます。
経営分析機能売上や経費などのデータを分析し、グラフや表でわかりやすく表示できます。
料金プラン名詳細
月額3,980円
年額35,760円
スモールビジネス基本的な機能が揃っており、個人事業主におすすめです。
月額5,980円
年額59,760円
ビジネス複数ユーザー対応や経営分析機能が追加されます。より高度な機能が必要な事業主におすすめです。

マネーフォワード クラウド会計の公式サイトはこちら

3. 弥生会計 オンライン

弥生会計オンラインのLP

安定したサービスで長く使いたい、
サポート体制が充実していてほしい人はこれ!

弥生会計 オンラインは、長年多くの企業で利用されてきた「弥生会計」のクラウド版です。

安定性と信頼性が魅力です。初年度無償キャンペーンも行われていますよ。

機能特徴
売上・経費管理操作がシンプルで、誰でも簡単に利用できます。
請求書発行顧客先へスムーズに請求書を送信できます。
銀行口座連携銀行口座と連携し、取引情報を自動で取得できます。
決算書作成入力したデータに基づいて、自動で決算書を作成できます。
複数ユーザー対応複数人で会計ソフトを共有して利用できます。
経営分析機能売上や経費などのデータを分析し、グラフや表でわかりやすく表示できます。
料金プラン名詳細
月額2,780円
年額27,800円
セルフプラン基本的な機能が揃っており、個人事業主におすすめです。
月額3,760円
年額37,600円
ベーシックプラン複数ユーザー対応や経営分析機能が追加されます。より高度な機能が必要な事業主におすすめです。

弥生会計 オンラインの公式サイトはこちら

4. ちまたの会計

非営利団体向けの会計ソフト「ちまたの会計」

非営利団体でお金の管理をしたい!
無料で使いやすい会計ソフトを探している方は必見

ちまたの会計は、サークル活動や自治会、PTA、ボランティア団体など、非営利組織向けのクラウド会計ソフトです。期間やデータ保持期間などの制限なしに、無料で利用できます。まるで家計簿のように、わかりやすく入力できる画面で、会計帳簿や収支予算書などの必要な書類を作成できます。

機能特徴
売上・経費管理スマホアプリでレシートを撮影するだけで簡単にデータ入力できます。自動仕訳機能で、入力の手間を大幅に削減できます。
会計帳簿作成入力したデータに基づいて、自動で会計帳簿を作成します。
収支予算書作成予算管理に役立つ収支予算書を作成できます。
分析機能科目分類別の収支推移や月別収支グラフ、予実管理表など、分析機能が充実しています。
料金プラン詳細
無料無料版では、基本的な機能が利用できますが、以下の制約もあります。
・団体数:5つまで
・領収証データ枚数:1団体、1会計期で2,000伝票まで
年間8,800円プレミアム版すべての機能が利用できます。

ちまたの会計の公式サイトはこちら

5. Zoho Books

Zoho Books(ゾーホー・ブックス)は、財務を管理し、ビジネスワークフローを自動化することで、チームで共同作業を行うのに役立つオンライン会計ソフトウェアです。

輸出入など海外との取引が多い
グローバルなフリーランス・個人事業主は一見の価値あり

Zoho Booksは、海外製のクラウド型会計ソフトで、多言語対応多通貨対応など、グローバルな事業展開に対応できる機能が充実しています。

機能特徴
売上・経費管理多言語対応、多通貨対応で、海外取引にも対応できます。
請求書発行顧客先へスムーズに請求書を送信できます。
銀行口座連携銀行口座と連携し、取引情報を自動で取得できます。
複数ユーザー対応複数人で会計ソフトを共有して利用できます。
経営分析機能売上や経費などのデータを分析し、グラフや表でわかりやすく表示できます。
料金プラン詳細
無料無料版でも十分な機能が利用できます。
月額1,400円ベーシック基本的な機能が揃っています。
月額3,500円スタンダード複数ユーザー対応やより高度な機能が利用できます。
月額8,400円プレミアムさらに高度な機能とカスタマーサポートが充実しています。

Zoho Booksの公式サイトはこちら

会計freeeとマネーフォワード クラウド会計がおすすめな理由

会計freeeは、操作性が非常に優れており、初心者でも簡単に使いこなせる点が魅力です。直感的なインターフェースで、迷わずに操作できます。

「初めての確定申告で不安な人」「操作がシンプルでわかりやすいソフトがいい」という方には特におすすめです。

一方、マネーフォワード クラウド会計は、自動仕訳機能が充実しており、銀行口座やクレジットカードなどの取引情報を自動で取り込んでくれるので、大幅な時間短縮が可能です。

「自動化で業務効率を上げたい人」「様々な金融機関との連携機能がほしい」という方には特におすすめです。

さらに、個人で家計簿管理にマネーフォワードを使っている人には、会計ソフトもマネーフォワードで揃えてみるのも良いかもしれません。

会計ソフト選びに迷ったら、ぜひ会計freeeとマネーフォワード クラウド会計を試してみてください!

会計freeeの公式サイトはこちら

マネーフォワード クラウド会計の公式サイトはこちら

まとめ

この記事では、個人事業主向け会計ソフトの選び方と、おすすめソフトを紹介しました。まとめると以下の通りです。

ソフト名一言コメント特徴料金
会計freee初心者でも使いやすい操作性と豊富な機能で人気の定番ソフト領収書画像アップロードで自動仕訳、請求書発行、銀行口座連携などスタータープラン:月額1,180円 / 年額11,760円
スタンダードプラン:月額2,380円 / 年額23,760円
プレミアムプラン:年額39,800円
マネーフォワード クラウド会計自動仕訳機能が充実!銀行口座連携で経理業務を効率化多様な金融機関との連携、自動仕訳機能で入力の手間を大幅削減スモールビジネス:月額3,980円 / 年額35,760円
ビジネス:月額5,980円 / 年額59,760円
弥生会計 オンライン長年多くの企業で利用されてきた信頼と実績のあるソフトシンプルな操作性で使いやすい、充実したサポート体制セルフプラン:月額2,780円 / 年額27,800円
ベーシックプラン:月額3,760円 / 年額37,600円
ちまたの会計非営利団体向け!無料で使える簡単操作の会計ソフトスマホアプリでレシート撮影入力、自動仕訳、分析機能も充実。無料プラン:無料(年間取引50件まで)
ベーシックプラン:年間11,880円
プレミアムプラン:年間23,760円
Zoho Booksグローバルな事業展開にも対応!多言語・多通貨対応海外取引にも対応可能な多言語・多通貨対応、豊富な機能を備えた海外製のクラウド会計ソフト無料版:無料
ベーシック:月額1,400円
スタンダード:月額3,500円
プレミアム:月額8,400円

会計ソフトは、個人事業主にとって事業の成功を支える重要なツールです。適切な会計ソフトを活用することで、経理業務の負担を軽減し、事業に集中することができます。確定申告の作業もスムーズになりますよ。

この記事を参考に、自分に合った会計ソフトを見つけて、快適な経理業務を実現しましょう。

確定申告は複雑で、面倒と感じている人も少なくないでしょう。いくら個人で簡単にできるとはいえ、心理的ハードルが高いのも事実。忙しくて時間がない人も多いでしょう。

そんな方に朗報です!CMでおなじみ「ココナラ」で確定申告の代行ができるのをご存知ですか?

 

▼「経理・財務・税務の相談・代行」のカテゴリーで検索

  • 税理士である出品者による確定申告の代行サービス!
  • 面倒な作業や分からないところも全部頼める!
  • 全てオンラインでできるから今の時代にピッタリ!

「確定申告、何も分からない」

「忙しくて時間がない」

という方におすすめですよ。

人気の税理士さんは申し込みを早めに締め切ってしまうこともあるので、お早めに相談しましょう!

 

▼確定申告の代行におすすめ

・J’sパートナー総合会計事務所 さん
税理士で複数の関連会社の非常勤監査役も務める出品者による確定申告代行サービス。確定申告について全然分からない方でも、できるだけ専門用語を避けて説明してもらえる。まずは相談からでも大歓迎。

>> J’sパートナー総合会計事務所 さん

・freee税理士事務所 さん
その名のとおり、freeeに特化した税理士事務所さん。大手通信業の営業経験のある税理士である出品者による確定申告代行サービス。売上1,000万円以下の法人・個人の方に向けて、実務15年税理士が確定申告・法人決算の作成を代行してもらえる。豊富な実績があり、安心して依頼できる。

>> freee税理士事務所 さん

・オンライン税理士事務所 さん
認定経営革新等支援機関の税理士である出品者による確定申告代行サービス。必要書類を送るだけで確定申告の代行をしてもらえる。税理士に丸投げできるため、全然分からない方や忙しい方におすすめ。

>> オンライン税理士事務所 さん
当サイトは第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、もしもアフィリエイト、Linksahre、バリューコマース、afb、レントラックス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用し、紹介料などの収益を得ています。得られた収益は、読者の皆さまにより有益な情報提供を行うための取材費用に充てられます。
記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よろずちゃんのアバター よろずちゃん 独立開業ヨロズ管理人

独立開業に関する自身の経験をもとに、個人事業主やスタートアップ企業の事業者がビジネスをコストパフォーマンス高く推進するための情報を発信しています。特にバーチャルオフィスについては、網羅的に情報を掲載。マーケターとしての知見を活かし、集客・マーケティングにお困りの事業者様のサポートも実施中です!

目次