>>【人気】GMOオフィスサポートの評判・クチコミ

【テンプレあり】ビジネスメールでやんわり催促するための例文集!書き方のポイントを押さえて人間関係を円滑に

本サイト・記事にはPRが含まれています
【テンプレあり】ビジネスメールでやんわり催促するための例文集!書き方のポイントを押さえて人間関係を円滑に

「催促メールを送らなきゃいけないけど、相手に嫌な思いをさせたくない…」

仕事で発生する「催促」というデリケートなタスク。

特にメールでの催促は、伝え方一つで関係性が悪化しかねない、悩ましいものです。

「関係性を壊さずに、スムーズに動いてもらうにはどうすれば…?」

そんな悩みをお持ちの皆さま!

この記事では、相手に気持ちよく動いてもらう「やんわり」とした催促メールの書き方について、具体的な例文を交えながら丁寧に解説していきます。

シーン別に使える例文テンプレートはもちろん、件名や書き出し方など、構成要素ごとのポイントも徹底解説!

もう催促メールで悩むのは終わりにしましょう!

この記事を読めば、あなたも相手に好印象を与えながら、伝えたいことを伝えられるようになりますよ。

目次
\ まずは無料でお試し!
AI自動文字起こしサービス【Notta】

リアルタイム文字起こしを体験してみよう >>

関係を壊さない!催促メールで気を付けるべき3つのポイント

催促メールを送る上で、最も重要なことは、相手との良好な関係性を維持することです。

そのためには、なぜ「やんわり」と伝える必要があるのか、その理由を理解しておく必要があります。

なぜ「やんわり」と伝える必要があるのか? 関係悪化を防ぐ重要性

催促メールを送る状況では、相手は何らかの事情で対応が遅れている状態です。

その状況下で、強い口調で催促したり、相手の事情を考慮しないような表現をしてしまうと、相手は「責められている」「信用されていない」と感じ、不快な思いをする可能性があります。

特に、それが普段から良好な関係を築いている相手であれば、なおさらのことです。

相手も悪気があって対応を遅らせているとは限りません。

「やんわり」と伝えることで、相手への配慮を示し、良好な関係性を維持しながら、催促したいという気持ちを伝えることができるのです。

【トラブル事例集】催促メールで失敗しやすい例を知ろう!対応を誤るとどうなる?

では、具体的にどのような催促メールが「NG」とされるのでしょうか?

ここでは、特に注意が必要な、催促メールの失敗例とその結果について、具体的な事例を交えながら解説します。

  1. 強い口調で責めるような言い回し
    • 例:「〇〇の提出期限が過ぎています。至急提出してください。」
    • 結果: 相手はプレッシャーを感じ、反発心を抱く可能性があります。最悪の場合、関係性が悪化し、今後のやり取りに支障をきたすことも考えられます。
  2. 相手の事情を考慮しない一方的な要求
    • 例:「先日はありがとうございました。〇日までにご入金をお願いいたします。」(入金が遅れている理由を聞かずに催促している)
    • 結果: 相手に「自分の事情を理解してくれていない」と不快な思いをさせてしまう可能性があります。
  3. 相手に意図が伝わらない曖昧な表現
    • 例:「〇〇の件、いかがでしょうか? ご都合の良い時にご返信ください。」(具体的に何を求めているのかが不明確)
    • 結果: 相手に「結局何がしたいんだろう?」と混乱を与え、対応が遅れてしまう可能性があります。

これらの事例のように、相手への配慮を欠いた催促メールは、関係悪化やトラブルに繋がりかねません。

催促メールを作成する際には、相手の立場に立って、言葉遣いや表現方法を慎重に検討することが重要です。

印象を悪くしない!催促前に確認すべき3つのこと

「やんわり」と催促するためには、相手に不快な思いをさせない表現はもちろんのこと、催促する上での前提条件を改めて確認することも大切です。

催促メールを送信する前に、以下の3つのポイントをしっかりと確認するようにしましょう。

  1. 催促する必要性
    本当に催促する必要があるのか? 再度確認しましょう。単なる確認不足や早とちりで相手に連絡してしまうケースも少なくありません。
  2. 期日・期限
    催促内容に関して、相手と合意した期日や期限はいつだったか? 過去のメールや書類などを確認し、正確な情報を把握しておきましょう。
  3. 相手の状況
    相手は現在どのような状況にあるのか? 多忙な時期や突発的な事情で対応が遅れている可能性もあります。

これらのポイントを確認することで、不要な催促を避け、相手への配慮を欠いた行動を防ぐことができます。

シーン別!「やんわり催促メール」例文テンプレート集

「催促メールを送る際に注意すべきことはわかったけれど、具体的にどんな風に書けばいいのかわからない…」

そんな方のために、この章では、ビジネスシーンでよく encountered するシチュエーション別に、「やんわり」と催促するためのメール例文テンプレートをご紹介します。

【上司向け】 返信を促す場合の注意点とメール例文

上司に対して催促メールを送る場合は、部下として失礼のない丁寧な言葉遣いを心がけることはもちろん、上司の立場や状況を考慮することが重要です。

上司への催促メールで意識すべきこと: 上司の立場や状況を考慮する

上司は、部下よりも多くの業務を抱え、常に時間に追われている立場であることを理解しておきましょう。

そのため、催促メールを送信する際には、上司の業務状況を考慮し、緊急性の高い案件かどうかを判断することが大切です。

例文1: 提出期限が迫っている資料の確認を依頼する

件名:【〇〇(資料名)】提出期限に関する確認

〇〇部長

お疲れ様です。〇〇(氏名)です。

いつもお世話になっております。

さて、先日お伝えしました、〇月〇日提出期限の〇〇(資料名)について、進捗状況はいかがでしょうか。
お忙しいところ恐縮ですが、一度ご確認いただき、進捗状況についてご回答いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

署名

例文2: 承認・決裁を急ぎたい場合の催促メール

件名:【〇〇(案件名)】承認のお願い

〇〇部長

お疲れ様です。〇〇(氏名)です。

いつもお世話になっております。

先日は、〇〇(案件名)について、ご相談の時間をいただきありがとうございました。

お伝えしました通り、〇月〇日までに〇〇(契約締結など)を進める上で、大変恐縮ですが、〇月〇日までに承認をいただけますと大変助かります。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご対応のほど、よろしくお願いいたします。

署名

【顧客・取引先向け】 入金・支払いを促す場合の注意点とメール例文

顧客や取引先への入金や支払いを促す場合は、特に慎重な対応が必要です。

金銭が絡むデリケートな話題であるため、相手との信頼関係を損なわないよう、失礼のない丁寧な表現を心がけましょう。

金銭の催促は特に慎重に! 失礼のない丁寧な表現を心がける

「催促」という言葉は、直接的に使用せず、「確認」や「お願い」といった言葉を用いると、柔らかい印象を与えることができます。

また、相手側の状況や事情を慮る言葉を添えることも重要です。

例文1: 支払期日を過ぎている場合の催促メール

件名:ご請求書発行に関するご連絡

〇〇様

株式会社△△
〇〇(氏名)

拝啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、先月〇月〇日締めの請求書を、〇月〇日に発行させていただきました〇〇(請求書番号など)につきまして、
本日までにご入金を確認できませんでしたため、ご連絡いたしました。

万が一、お支払いがお済みでしたら、大変失礼いたしました。
ご多用中とは存じますが、ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

署名

例文2: 口頭で入金確認後、改めてメールで連絡する場合

件名:先日はありがとうございました

〇〇様

株式会社△△
〇〇(氏名)

〇〇様

先日は、お電話にてご連絡いただきありがとうございました。

お約束いただきました通り、下記口座へのお振込みを、よろしくお願いいたします。

【振込先】
銀行名:
支店名:
口座種別:
口座番号:
口座名義:

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

署名

【誰にでも使える】 参加・提出を促す場合の注意点とメール例文

催促メールを送る相手や内容によって、適切な表現は異なります。

誰にでも使える基本的な例文を参考にしながら、状況や関係性を踏まえた表現を選ぶようにしましょう。

催促する内容に合わせて、状況や関係性を踏まえた表現を選ぶ

親しい間柄であれば、多少フランクな表現を用いても問題ない場合もありますが、基本的には、丁寧で失礼のない言葉遣いを心がけましょう。

例文1: 参加の可否回答を催促する

件名:〇〇(イベント名)参加について

〇〇様

お疲れ様です。〇〇(氏名)です。

先日は、〇〇(イベント名)のご案内をさせていただきました。

大変恐縮ですが、参加の可否について、〇月〇日までにご連絡いただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

署名

例文2: 提出期限を過ぎた資料の提出を促す

件名:〇〇(資料名)提出のお願い

〇〇様

お疲れ様です。〇〇(氏名)です。

先日は、〇〇の件でご連絡いただきありがとうございました。

恐れ入りますが、〇〇(資料名)の提出期限が過ぎておりますため、ご提出をお願いできますでしょうか。

お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

署名

催促メールの書き方講座!構成要素ごとに解説

催促メールは、ただ単に用件を伝えるだけではなく、相手に与える印象や、その後の対応に影響を与える重要なコミュニケーションツールです。

この章では、催促メールの構成要素である「件名」「書き出し」「本文」「締めくくり」のそれぞれについて、具体的な例文を交えながら、効果的な書き方を解説します。

件名: 返信したくなる効果的な書き出し方

件名は、相手がメールを開封するかどうかを判断する上で、非常に重要な要素です。

相手に「このメールは重要な内容かもしれない」「すぐに確認しなくては」と思わせることができれば、開封率の向上に繋がります。

件名で意識すべき3つのポイント: 簡潔さ、具体性、緊急性

効果的な件名を作成する上で、以下の3つのポイントを意識することが大切です。

  1. 簡潔さ
    件名は、具体的に相手に伝えたい内容を簡潔にまとめましょう。長文になってしまうと、相手に最後まで読まれずに、重要な情報が伝わらない可能性があります。
  2. 具体性
    件名を見ただけで、どのような内容のメールなのかがわかるように、具体的な情報を盛り込みましょう。
  3. 緊急性
    緊急度の高い場合は、件名に「【至急】」「【重要】」といった緊急性を示す言葉を入れると、相手はすぐに対応する必要があると認識しやすくなります。

「やんわり」と伝えるための件名例文集

  • 〇〇(資料名)について
  • 〇〇(案件名)の進捗状況について
  • 〇〇(イベント名)参加に関する確認
  • 先日の〇〇(内容)について

再送メールの場合の件名はどうする?

一度メールを送信したにも関わらず、相手から返信がない場合は、再送メールを送るという方法もあります。

再送メールを送信する際には、件名に「再送」という言葉を付け加えることで、相手に再度メールを確認するよう促すことができます。

  • 【再送】〇〇(資料名)について
  • 【再送】〇〇(案件名)の進捗状況について

書き出し: 好印象を与える第一印象の作り方

書き出しは、本文の内容に入る前の導入部分であり、相手に与える印象を大きく左右する重要なパートです。

書き出し方次第では、相手はメールを読むのをやめてしまったり、逆に、好印象を抱き、最後まで読んでくれる可能性もあります。

挨拶+相手への気遣いで始めよう

書き出しは、「いつもお世話になっております。」といった、相手に好印象を与える挨拶から始めましょう。

また、「お疲れ様です。」「お忙しいところ恐縮ですが…」といった、相手への気遣いの言葉を添えることも効果的です。

クッション言葉で相手に配慮を示す

本題に入る前に、クッション言葉を挟むことで、相手に柔らかな印象を与えることができます。

クッション言葉とは、「恐れ入りますが」「大変恐縮ですが」「お手数をおかけしますが」といった、相手の負担を軽減するような言葉のことです。

用件を伝える前の前置き例文集

  • 「先日は、〇〇の件でご連絡いただきありがとうございました。」
  • 「〇〇の件で、ご連絡いたしました。」
  • 「さて、先日は〇〇について、ご相談させていただいた件ですが…」

本文: 催促内容を明確に、かつ丁寧に伝える

本文では、催促したい内容を具体的に記述し、相手に誤解なく伝わるように心がけましょう。

曖昧な表現は避け、誰が見ても理解できるような、明確で簡潔な文章を心がけることが重要です。

何を催促したいのか? 具体的に伝えよう!

催促内容は、相手が誤解しないよう、具体的に伝えましょう。

例えば、資料の提出を催促する場合、「〇〇(資料名)の提出をお願いいたします。」と伝えるだけでなく、「〇〇(資料名)の提出期限は、〇月〇日までとなっております。」と、具体的な期限を伝えることで、相手は行動を起こしやすくなります。

いつまでに対応が必要なのか? 期限を明確に示す

催促内容に対して、いつまでに対応が必要なのか、期限を明確に示すことも重要です。

期限を明確にすることで、相手は優先順位をつけやすくなり、対応がスムーズに進みます。

相手に負担をかけない表現を心がける

催促する際には、相手を責めるような表現や、負担をかけるような表現は避けましょう。

例えば、「なぜ提出が遅れているのですか?」といった表現は避け、「何かお困りのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。」といった、相手を気遣う言葉を添えるように心がけましょう。

締めくくり: 今後のアクションを促すラストスパート

締めくくりは、相手に今後のアクションを促す、最後の重要なパートです。

締めくくり方次第では、相手からの返信がスムーズに進んだり、逆に、返信が遅れてしまう可能性もあります。

相手からの返信を促す言葉を入れる

本文の内容を読んだ後、相手がどのような行動をとれば良いのかが明確になるように、返信を促す言葉を入れましょう。

  • 「お忙しいところ恐縮ですが、ご回答よろしくお願いいたします。」
  • 「ご確認のほど、よろしくお願いいたします。」

感謝の気持ちを忘れずに伝える

最後に、「よろしくお願いいたします。」といった、感謝の気持ちを伝える言葉を入れることで、相手に好印象を与えることができます。

「やんわり」と締めくくる例文集

  • 「お忙しいところ大変恐縮ですが、ご対応のほど、よろしくお願いいたします。」
  • 「ご多用中とは存じますが、ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。」
  • 「何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。」

それでも返信がない場合は? 再度催促する際の注意点

催促メールを送信しても、相手から返信がない場合は、不安な気持ちになるのも無理はありません。

しかし、だからといって、短期間に何度も催促メールを送ったり、強い口調で返信を迫ったりすることは、逆効果になる可能性があります。

再度催促する場合は、以下の点に注意しながら、慎重に対応しましょう。

間隔を空けて、再度連絡する

一度催促メールを送信してから、数日経っても返信がない場合は、再度催促メールを送ってみましょう。

ただし、前回のメールから間隔を空けずに、立て続けにメールを送ってしまうと、相手に「しつこい」という印象を与えかねません。

一般的には、最初の催促メールを送信してから、3営業日程度は間隔を空けるのが良いとされています。

電話やチャットツールも活用する

メールでの催促は、相手に伝わらない場合や、緊急性の高い内容の場合には、電話やチャットツールを活用するのも有効な手段です。

電話やチャットツールであれば、直接相手に連絡を取ることができるため、メールよりもスムーズにコミュニケーションを取ることができます。

ただし、電話やチャットツールは、相手の時間を奪ってしまう可能性もあるため、使用する時間帯や頻度には注意が必要です。

それでも反応がない場合の最終手段

何度催促しても反応がない場合は、最終手段として、上司や関係部署に相談することを検討しましょう。

一人で抱え込まず、周りの人に相談することで、問題解決の糸口が見つかることもあります。

まとめ

催促メールは、相手に失礼な印象を与えず、かつ、自分の要求を伝えるための重要なビジネススキルです。

ポイントを押さえて、相手に気持ちよく動いてもらえる催促メール作成を目指しましょう。

今回の記事では、相手に「やんわり」と伝える催促メールの書き方について、具体的な例文を交えながら解説しました。

相手との良好な関係性を維持するためにも、ぜひ今回の内容を参考にして、効果的な催促メール作成に役立ててみてください。


メールといえば、ビジネスシーンにおいては、メール署名に記載する住所も重要な要素の一つです。

自宅をオフィスとして利用している場合、個人情報保護の観点から、安易に住所を掲載することは避けたいと考える方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、「バーチャルオフィス」の活用です。

バーチャルオフィスとは、物理的なオフィス空間を持たずに、住所や電話番号などをレンタルできるサービスです。

バーチャルオフィスを利用すれば、自宅の住所を明かすことなく、ビジネスシーンで必要な住所を確保することができます。また、郵便物の転送サービスや、会議室の利用など、ビジネスをサポートする様々なサービスも充実しています。

バーチャルオフィスは、個人情報保護だけでなく、ビジネスの円滑化にも役立つ便利なサービスです。ぜひこの機会に、バーチャルオフィスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。特にオススメは「GMOオフィスサポート」です。

  • GMOオフィスサポートなら、月額660円から一等地の住所をビジネス利用できます!
  • 「自宅住所を知られたくない」「好立地でビジネスをしているように思われたい」そんな方にはイチオシです!
新規ご契約特典
初年度基本料金3ヶ月分無料プログラムが利用可能!
GMOオフィスサポートのお得情報

GMOオフィスサポートは、【新規契約特典】として「初年度基本料金3ヶ月分無料プログラム」を実施中!

その名のとおり、基本料金が3ヶ月分無料になる素敵なキャンペーン。
転送なし・週1・隔週・月1、いずれのプランも対象なのが嬉しいポイント!

このプログラムはいつまで継続されるのかが未定のため、お得に始められるうちにお申し込みしておくことをおすすめします!利用開始を迷っている方はこの機会をご活用ください。

さらに!クーポンコード(紹介コード)を利用すると基本料金が10%OFFに!

キャンペーン、クーポンコードともに、個人・個人事業主・法人オーナーの皆が使えます!

お申込みの際は、限定のクーポンコード入力をお忘れなく!

クーポンコードを使用したい場合、
必ず以下のボタンからお申し込みください↓

いま使える!GMOオフィスサポートの
クーポンコードは「 t0u0y6 」です。
ティー ゼロ ユー ゼロ ワイ ロク 
お間違えのないように!

当サイトは第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、もしもアフィリエイト、Linksahre、バリューコマース、afb、レントラックス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用し、紹介料などの収益を得ています。得られた収益は、読者の皆さまにより有益な情報提供を行うための取材費用に充てられます。
記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よろずちゃんのアバター よろずちゃん 独立開業ヨロズ管理人

独立開業に関する自身の経験をもとに、個人事業主やスタートアップ企業の事業者がビジネスをコストパフォーマンス高く推進するための情報を発信しています。特にバーチャルオフィスについては、網羅的に情報を掲載。マーケターとしての知見を活かし、集客・マーケティングにお困りの事業者様のサポートも実施中です!

目次