>>【人気】GMOオフィスサポートの評判・クチコミ

個人事業主が口座を途中から分ける方法とメリットを解説!おすすめ口座も紹介します

本サイト・記事にはPRが含まれています
個人事業主が口座を途中から分ける方法とメリットを解説

「事業用口座って本当に必要…?」

個人事業主として、日々奮闘されているあなたは、そんな疑問を抱えていませんか?

確定申告の準備、経費の管理、資金のやりくり…。

プライベートと事業とで複雑に絡み合い、頭を抱えることも多いのではないでしょうか。

「そろそろ事業用口座を分けた方が良いのかな…」

そんな風に感じながらも、「手続きが面倒そう」「手数料がもったいない」といった理由から、二の足を踏んでしまっている方もいるかもしれません。

しかし、どうかご安心ください。事業用口座を分けることは、決して難しいことではありません。むしろ、あなたの事業を大きく成長させるための、賢い選択となり得るのです。

本記事では、個人事業主が事業用口座を「途中から分ける」メリットから、最適な口座選びのポイント、具体的な銀行比較、そして、手続き上の注意点まで、徹底的に分かりやすく解説いたします。

この記事を読み終える頃には、きっとあなたも事業用口座の必要性を実感し、最適な口座と出会えているはずです。ぜひ、最後までお付き合いいただき、あなたの事業を成功へと導く、新たな一歩を踏み出しましょう。

ちなみに、筆者のおすすめはGMOあおぞらネット銀行です。GMOオフィスサポートとの相性が良い口座です。

GMOオフィスサポート
総合評価
( 5 )
メリット
  • 東証プライム市場企業「GMOグループ」運営のバーチャルオフィス
  • 都心を中心に、横浜・名古屋・大阪・京都・福岡の住所をビジネス利用可能
  • 自宅兼オフィスで仕事をしている方やネットショップ運営者のプライバシー保護に最適
  • 審査が早く、即日利用も◎
  • 法人口座開設・法人登記にも利用可能
デメリット
  • 会議用の物理スペースが存在しない(提携サービスあり)
  • 郵便物の即時転送はオプション料金が必要
  • 安定した経営基盤:東証プライム上場企業のグループ会社が運営するバーチャルオフィスだから安心。
  • 業界最安水準のシンプルな料金体系:郵便物の転送費用も月額料金にコミコミのシンプルでわかりやすい料金体系。
  • 全国主要都市の人気住所が利用可能:全国15拠点あり、現在も順次拡大中。地方大都市も(名古屋、京都、梅田、博多、天神など) 。
  • 法人口座開設もスムーズ:GMOあおぞらネット銀行への情報連携により、口座開設時の手間を省ける。開設実績多数。
新規ご契約特典
初年度基本料金3ヶ月分無料プログラムが利用可能!
目次
\ まずは無料でお試し!
AI自動文字起こしサービス【Notta】

リアルタイム文字起こしを体験してみよう >>

こんなに違う!事業用口座とプライベート口座を分けるメリット

個人事業主の方々にとって、事業用口座の開設は、事業の成長と安定を大きく左右する重要な決断です。

「でも、まだ事業規模も小さいし、プライベートの口座と一緒で良いのでは…?」

そう思われている方もいるかもしれません。 しかし、事業用口座とプライベート口座を分けることで、想像以上のメリットを享受できるのです。

今回は、その具体的なメリットについて、詳しく解説してまいります。

確定申告が劇的に楽になる!経費処理の効率化を実現

事業用口座を使うことで、確定申告に必要な書類を簡単に用意できる

事業用口座を別に持つ最大のメリットは、確定申告の準備が格段に楽になる点です。

プライベートと事業のお金が混ざっていると、確定申告の際に、どの支出が事業に関するものか、一つひとつ確認して仕分ける必要があり、大変な手間と時間がかかります。 これは、多くの個人事業主の方が頭を悩ませるポイントではないでしょうか。

事業用口座を使えば、事業に関連する収入と支出を明確に区分できるため、確定申告に必要な書類をスムーズに作成できます。

領収書の整理や帳簿付けの手間も大幅に削減され、確定申告の時期の負担を大きく減らすことができます。 あの面倒な作業から解放され、本来の業務に集中できる時間を増やせることは、大きなメリットと言えるでしょう。

会計ソフトとの連携で、さらに経費管理を効率化

個人事業主やフリーランスの方向けに、使いやすく機能性の高い会計ソフトが数多く提供されています。これらの会計ソフトの多くは、銀行口座やクレジットカードと連携することで、自動的に収入と支出を記録し、カテゴリー分けしてくれる機能が搭載されています。

事業用口座を会計ソフトと連携させることで、これらの機能を最大限に活用し、より効率的に経費管理を進めることができます。手入力の手間が省け、入力ミスも減らせるため、正確な帳簿作成が可能になります。

会計ソフトの導入と事業用口座の連携は、まさに「最強の組み合わせ」と言えるでしょう。

【簡単解説】個人事業主が口座を分けるタイミングと手順

事業用口座の開設は、事業を始めるタイミングで行う方が多いかと思います。

ただ、「事業用口座は、ある程度事業が成長してから開設すれば良い」と考えている方もいるかもしれません。たしかに、事業が軌道に乗るまでは、プライベートの口座で事業資金を管理することも可能です。

しかし!実際には、事業用口座は、早いうちから開設しておくことで、様々なメリットを享受できる場合があります。後から口座を分けることで余計な手間が発生する可能性もあります。

「事業が忙しくなる前に、今のうちにやっておけば良かった…」と後悔しないためにも、口座を分けるタイミングは早い方が良いと言えるでしょう。

今がチャンス!口座を分けるべきタイミングを見極めよう

では、具体的にどのようなタイミングで口座を分けるべきなのでしょうか?

代表的なタイミングとして、以下の2つが挙げられます。

売上増加や取引件数の増加など、事業拡大の兆候が見られる場合

事業が軌道に乗り始め、売上や取引件数が増加してくると、資金の流れも複雑化し、プライベートと事業の資金を混同してしまうリスクが高まります。

また、確定申告の準備も煩雑になり、事業用口座の必要性を強く感じるタイミングと言えるでしょう。

確定申告の準備が複雑化し、効率的な経費処理の必要性を感じた場合

事業が軌道に乗り始めると、取引件数や取引先が増え、それに伴い領収書の発行枚数も増加します。プライベートと事業の資金を分けずに管理していると、確定申告の際に、これらの領収書の中から事業に関連するものを見つけ出す作業が大変になりがちです。

このような場合は、事業用口座を開設し、事業に関連する収入と支出を明確に分けることで、確定申告の準備をスムーズに進めることができるようになります。

【徹底比較】個人事業主におすすめの事業用口座

数多くの金融機関が、個人事業主向けの事業用口座を提供しており、それぞれに特徴があります。「いざ口座を開設しよう!」と思っても、選択肢が多すぎて、どこを選べば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

事業内容や規模、必要な機能、手数料などを考慮し、最適な口座を選ぶことが重要です。このセクションでは、個人事業主の方向けに、おすすめの事業用口座を分かりやすく比較解説していきます。

手数料で選ぶならコレ!無料で使える口座&サービス

個人事業主にとって、無駄なコストはなるべく抑えたいものです。銀行の手数料体系は複雑で、場合によっては大きな負担となる可能性もあります。口座を選ぶ際には、手数料体系をしっかりと比較検討することが重要です。

特に、ネット銀行は、実店舗を持たない分、運営コストを抑え、手数料を安く設定している場合が多いです。個人事業主にとって、ネット銀行は有力な選択肢と言えるでしょう。ここでは、GMOあおぞらネット銀行、PayPay銀行、楽天銀行を例に、手数料面での特徴を比較してみましょう。

銀行名GMOあおぞらネット銀行PayPay銀行楽天銀行
月の振込手数料無料回数7回3回条件により異なる(最大30回)
ATM入出金手数料無料(自行ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMなど)無料(自行ATM、セブン銀行ATMなど)条件により異なる(最大7回)
その他の特徴外貨預金口座の開設、外貨送金などが便利PayPayとの連携によるポイント還元楽天経済圏との連携によるポイント還元

振込手数料無料回数が多い口座

個人事業主にとって、銀行振込の手数料は無視できないコストの一つです。特に、取引先への支払いなどで頻繁に振込を行う場合は、手数料が積み重なり、大きな負担となる可能性があります。

振込手数料無料回数が多い口座を選ぶことで、これらのコストを大幅に削減することができます。

例えば…

GMOあおぞらネット銀行は、毎月7回まで振込手数料が無料で、ネット銀行の中でも無料回数が多く、魅力的です。

PayPay銀行は、毎月3回まで振込手数料が無料です。GMOあおぞらネット銀行と比べると無料回数は少ないですが、PayPayと連携することでポイントを貯めやすく、使い勝手が良いというメリットがあります。

楽天銀行は、会員ランクに応じて、振込手数料無料回数が変動します。条件を満たせば、最大で月30回まで無料にすることができます。楽天市場などのサービスを利用する機会が多い方は、楽天銀行を選ぶことで、ポイントを効率的に貯めることができるでしょう。

入出金手数料が無料になる条件

銀行によっては、ATMや窓口での入出金、他行宛ての振込など、様々な取引に対して手数料が発生する場合があります。これらの手数料も、塵も積もれば山となるため、事前に確認しておくことが重要です。

例えば、ネット銀行では、自行ATMだけでなく、提携ATMでも手数料無料で入出金できる場合が多いです。セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イオン銀行ATMなどは、多くのネット銀行と提携しており、全国各地で利用できるため便利です。

機能で選ぶならコレ!ビジネスを強力にサポート

手数料の安さだけで口座を選んでしまうと、後々、必要な機能が不足していることに気づく場合もあります。事業の規模や内容によっては、手数料の安さよりも、便利な機能を重視した方が良いケースもあるでしょう。

たとえば、請求書発行システムが利用できると、取引先への請求業務を効率化できます。また、会計ソフトとの連携機能があると、確定申告の準備がよりスムーズになります。

主要なネット銀行の機能を比較した表を以下に示します。

銀行名会計ソフト連携請求書発行その他のサービス
GMOあおぞらネット銀行freee、マネーフォワードクラウド会計など多数口座振替サービス事業性評価融資、ビジネスカード
PayPay銀行Moneytree、ZaimなどPayPay請求書支払い
楽天銀行freee、マネーフォワードクラウド会計など楽天ペイメント、楽天銀行カードローン、楽天ビジネスローン

会計ソフトとの連携機能

会計ソフトと連携できる口座は、手作業による入力の手間を省き、経理業務の効率化に役立ちます。freeeやマネーフォワードクラウド会計などの主要な会計ソフトに対応しているかどうかも、口座選びの重要なポイントです。

GMOあおぞらネット銀行は、freee、マネーフォワードクラウド会計など、多くの会計ソフトと連携可能です。API連携にも対応しており、よりスムーズなデータ連携が可能です。

PayPay銀行は、MoneytreeやZaimなどの家計簿アプリと連携できる点が特徴です。事業規模が小さく、まずは簡易的な家計簿アプリと連携したいという方に適しています。

楽天銀行は、freee、マネーフォワードクラウド会計などに対応しており、連携機能も充実しています。楽天銀行の口座を登録すると、自動で明細を取得し、仕訳の候補を提案してくれる機能もあります。

売上管理や請求書発行などの機能

売上管理や請求書発行などの機能は、取引先とのやり取りが多い事業者にとって特に役立ちます。これらの機能が充実している口座を選ぶことで、業務効率化を図り、事業の成長に集中できる環境を整えることができるでしょう。

GMOあおぞらネット銀行は、「口座振替サービス」を提供しており、毎月の利用料金や会費などを、顧客の口座から自動で引き落としできるサービスがあります。

PayPay銀行は、請求書発行機能はありませんが、「PayPay請求書支払い」というサービスがあり、顧客がPayPayで請求書の支払いができるサービスを提供しています。

楽天銀行は、請求書発行機能はありませんが、楽天グループが提供する「楽天ペイメント」を利用することで、クレジットカード決済や後払い決済などを導入することができます。

カード発行や融資など、事業拡大をサポートするサービス

事業を拡大していくためには、資金調達は欠かせません。事業性評価の高い金融機関であれば、融資を受けやすくなる可能性もあります。また、ビジネスカードを発行することで、経費精算の手間を省いたり、クレジットカードのポイントを貯めたりすることができるなど、様々なメリットを享受できます。

GMOあおぞらネット銀行は、事業者向けローンやビジネスカードを提供しており、事業拡大に必要な資金調達をサポートしています。

PayPay銀行は、PayPayカードを発行することで、PayPayポイントを効率的に貯めることができます。また、ソフトバンクユーザーであれば、「ソフトバンクユーザー優遇プログラム」の適用により、さらにポイントを貯めやすくなります。

楽天銀行は、楽天銀行カードローンや楽天ビジネスローンなどの融資サービスを提供しています。また、楽天カードを発行することで、楽天ポイントを貯めることができます。

目的別に最適な口座を選ぼう!比較表で分かりやすく解説

ここまで、GMOあおぞらネット銀行、PayPay銀行、楽天銀行の3つの銀行を例に、手数料面と機能面の特徴をそれぞれ見てきました。しかし、どの銀行が自分に合っているのか、まだ迷っている方もいるかもしれません。

そこで、さらに具体的なビジネスシーンを想定し、それぞれの銀行のメリット・デメリットを比較表で分かりやすく解説します。

今回は、新たに三井住友銀行を加え、比較対象を広げてみましょう。自身の事業内容や今後のビジョンに合わせて、最適な口座を選びましょう。

主要な銀行・ネット銀行を比較し、メリット・デメリットを分かりやすく紹介

項目GMOあおぞらネット銀行PayPay銀行楽天銀行三井住友銀行
メリット振込手数料無料回数が多い、会計ソフト連携機能が充実、事業者向けサービスが充実PayPayとの連携でポイントが貯まりやすい、スマホで簡単に操作できる楽天経済圏のユーザーはポイントを貯めやすい、残高上限が大きい店舗網が広く、ATMの利用や現金の入出金がしやすい、対面での相談が可能
デメリット実店舗がないため、対面でのサポートを受けられない振込手数料無料回数が少ない、事業者向けサービスは限定的ATM利用手数料や他行宛振込手数料がかかる場合がある手数料が比較的高め、ネット銀行ほどオンラインサービスが充実していない場合がある
こんな人におすすめコストを抑えたい、会計ソフトと連携して効率的に経理業務を行いたい、事業拡大を目指しているPayPayをよく利用する、スマホで銀行取引を完結させたい、普段使いと事業用を分けたい楽天市場など、楽天経済圏のサービスをよく利用する、高額な取引が多い対面でのサポートを受けたい、全国どこでも支店やATMを利用したい、事業の取引規模が大きく、安心して利用できる銀行を選びたい

あなたの事業内容や規模に最適な口座が見つかる

上記はあくまで一例であり、最適な口座は、事業内容や規模、取引状況、重視するポイントによって異なります。例えば、

  • フリーランスや副業で、取引件数が少ない場合: PayPay銀行など、普段使い慣れている銀行と連携してポイントを貯めやすい口座が便利でしょう。
  • 取引件数が多く、振込手数料を抑えたい場合: GMOあおぞらネット銀行など、振込手数料無料回数が多い口座を選ぶのがおすすめです。
  • 事業拡大を視野に入れ、融資などのサポートを受けたい場合: GMOあおぞらネット銀行、三井住友銀行など、事業者向けサービスが充実している口座が有利です。
  • 安心して利用できる大手銀行が良い場合: 三井住友銀行など、実績と信頼のある大手銀行の口座を選ぶと良いでしょう。

【不安を解消】途中から口座を分ける際の注意点

これまで、事業用口座を持つメリットや、最適な口座選びのポイントについて解説してきました。しかし、「実際に口座を分ける際に、どのような点に注意すれば良いのか」「何か手続きが面倒なのではないか」といった不安を感じている方もいるかもしれません。

このセクションでは、そうした不安を解消するために、途中から口座を分ける際の注意点を具体的に解説していきます。

プライベート口座からの資金移動方法

まず、事業用の資金をプライベート口座からどのように移動するか、という点が挙げられます。単純に全額を移動すれば良いというわけではなく、税務上の扱いにも注意が必要です。

具体的には、プライベート口座から事業用口座へ資金を移動する際は、「事業主貸」という勘定科目で処理する必要があります。これは、個人のお金から事業のお金へ貸し付けたという扱いになるため、借用書を作成しておくことが望ましいでしょう。

逆に、事業用口座からプライベート口座へ資金を移動する場合は、「事業主借」という勘定科目で処理します。これは、事業のお金から個人のお金へ借り入れたという扱いになります。

公共料金や家賃の引き落とし口座変更

事業用口座とは別に、プライベート用の口座も保持する場合は、公共料金や家賃などの引き落とし口座の変更手続きも忘れずに行いましょう。

クレジットカードの引き落とし口座についても同様です。変更手続きを怠ると、支払いが滞ってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

確定申告時の注意点

口座を分けた後、最初の確定申告では、これまで以上に正確な経費処理が求められます。特に、プライベートと事業の費用を混同しないように注意が必要です。

ビジネスが軌道に乗り収益をあげられるようになったら、確定申告を必ずおこなうようにしましょう。

freeeマネーフォワードなどの会計ソフトを使えば、個人でも簡単にオンラインで会計処理&確定申告を終えることができます。

しかし、確定申告は複雑で、面倒と感じている人も少なくないでしょう。いくら個人で簡単にできるとはいえ、心理的ハードルが高いのも事実。忙しくて時間がない人も多いでしょう。

そんな方に朗報です!CMでおなじみ「ココナラ」で確定申告の代行ができるのをご存知ですか?

▼「経理・財務・税務の相談・代行」のカテゴリーで検索

  • 税理士である出品者による確定申告の代行サービス!
  • 面倒な作業や分からないところも全部頼める!
  • 全てオンラインでできるから今の時代にピッタリ!

「全然確定申告について分からない」
「忙しくて時間がない」

という方におすすめですよ。人気の税理士さんは申し込みを早めに締め切ってしまうこともあるので、お早めに相談しましょう!

▼確定申告の代行におすすめ

・J’sパートナー総合会計事務所 さん
税理士で複数の関連会社の非常勤監査役も務める出品者による確定申告代行サービス。確定申告について全然分からない方でも、できるだけ専門用語を避けて説明してもらえる。まずは相談からでも大歓迎。

>> J’sパートナー総合会計事務所 さん

・freee税理士事務所 さん
大手通信業の営業経験のある税理士である出品者による確定申告代行サービス。売上1,000万円以下の法人・個人の方に向けて、実務15年税理士が確定申告・法人決算の作成を代行してもらえる。豊富な実績があり、安心して依頼できる。

>> freee税理士事務所 さん

・オンライン税理士事務所 さん
認定経営革新等支援機関の税理士である出品者による確定申告代行サービス。必要書類を送るだけで確定申告の代行をしてもらえる。税理士に丸投げできるため、全然分からない方や忙しい方におすすめ。

>> オンライン税理士事務所 さん

ぜひこの機会にご検討ください!

口座開設後の運用方法

口座開設後も、事業用口座とプライベート口座を明確に分けて運用していくことが重要です。

事業に関する収入は全て事業用口座に入金し、経費の支払いは全て事業用口座から行うように徹底しましょう。

まとめ:最適な事業用口座で、事業の未来を拓こう!

本記事では、個人事業主が事業用口座を途中から分けるメリット、口座選びのポイント、そして開設・運用上の注意点について解説してまいりました。

改めて、事業用口座を持つメリットを振り返ってみましょう。

  • 確定申告が楽になる: 事業の収入と支出が明確になるため、確定申告の準備がスムーズに進みます。
  • 経費管理が効率化する: 事業用口座と会計ソフトを連携させることで、自動的に収支を記録し、分析することができます。
  • 事業の収支が明確になる: 事業の現状を把握しやすくなり、的確な経営判断を行うことができます。
  • 資金調達がしやすくなる: 金融機関からの評価が上がり、融資を受けやすくなる可能性があります。
  • 信用力が高まる: 対外的に、事業として信頼できる存在であると認められるようになります。

特に、事業の成長を加速させたい方、より効率的に事業運営を行いたい方にとって、事業用口座は強力なツールとなるでしょう。

最適な事業用口座は、事業の内容や規模、将来の展望によって異なります。本記事でご紹介した内容を参考に、ぜひあなたにぴったりの事業用口座を見つけてみてください。

そして、事業用口座の開設を、あなたの事業をさらに発展させるための新たな一歩としていただければ幸いです。

当サイトは第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、もしもアフィリエイト、Linksahre、バリューコマース、afb、レントラックス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用し、紹介料などの収益を得ています。得られた収益は、読者の皆さまにより有益な情報提供を行うための取材費用に充てられます。
記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よろずちゃんのアバター よろずちゃん 独立開業ヨロズ管理人

独立開業に関する自身の経験をもとに、個人事業主やスタートアップ企業の事業者がビジネスをコストパフォーマンス高く推進するための情報を発信しています。特にバーチャルオフィスについては、網羅的に情報を掲載。マーケターとしての知見を活かし、集客・マーケティングにお困りの事業者様のサポートも実施中です!

目次