>>【人気】GMOオフィスサポートの評判・クチコミ

Adobe CCを最安値で使う方法!社会人はデジハリAdobeマスター講座、学生はA公式学割で契約がベスト

本サイト・記事にはPRが含まれています
AdobeCCの最安購入方法!社会人はデジハリAdobeマスター講座、学生は公式学割で契約するのが安い

Adobe製品の利用を検討しているみなさん、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)って高いですよね?

しかし、クリエイティブな業務には不可欠。使わないわけにはいきません。半ば強制的に費用負担を強いられることから、「Adobe税」と言われることも。

デザインを学んで実践したい学生、リスキリングを頑張りたい社会人、これからデザイナー・クリエイターとして開業・起業を考えている方、そんなみなさんにとって心理的ハードルになってしまうレベルだと思います。

その額、年額 86,880円(税込)!

AdobeCCの価格表。年間プランで86,880円かかることが示されている。筆者はこの金額を高額と考えており、代替プランを提案しようとしている。

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)って高いですよね?(再掲)

この記事では、この高い「Adobe税」を少しでも抑えながらも、Adobe CCを購入・契約する方法についてパターン別に解説していきます。

Adobe以外のツールについて提案する記事もあるかもしれませんが、この記事ではあくまでも「Adobe CCを安く使う」にフォーカスします。

結論を先に言うと、社会人はデジハリのAdobeマスター講座を、学生は公式の学割を活用すること、これがコストダウンの最適解です。

それでは、詳しく見ていきましょう!

目次

結論1:社会人のAdobe CC購入は、デジハリのAdobeマスター講座が最安値

まだAdobe製品を利用していない方に、AdobeCCを安く契約できる方法をお伝えします!

社会人の場合は、Adobeマスター講座をオススメします。年間39,980円(税込)で契約でき、丁寧な講義も付いてくるとてもお得なプランです。

公式サイトで普通に買うと、年間86,880円(税込)なので、

39,980 / 86,880 ≒ 0.45 ……!!

つまり、公式の半額以下でAdobeCCが利用できるようになるのです!

1度きりではなく何度でも利用することができ、2年目・3年目……と連続して契約し続けられるので、長く使いたい人にも安心ですよ。

\ AdobeCCが 55% OFF!! /
デジハリAdobeマスター講座は
初心者・リスキリングしたい方に最適

詳細

社会人にとってAdobe Creative Cloud(Adobe CC)を手に入れる最も経済的な方法は、デジハリのAdobeマスター講座を利用することです。

この講座は、Adobe CC全製品の使用権と共に、専門的なトレーニングを提供します。講座料金にはソフトウェアの使用料が含まれており、市場価格で個別にAdobe CCを購入するよりも遥かにコストパフォーマンスに優れています。

さらに、プロフェッショナルなクリエーターから直接学べる機会もあり、実務に直結するスキルの向上が期待できます。

デジハリのAdobeマスター講座は、費用面だけでなくキャリア開発・リスキリングにも寄与するため、社会人には最適な選択肢と言えるでしょう。

結論2:学生がAdobe CCを契約するなら、公式の学割利用が最安値

もし、皆さまが学生の場合、Adobe CCはAdobe公式サイトから学割で購入するのがベストです。

初年度は年間26,162円(税込)で契約でき、Adobeマスター講座を利用するよりもさらに安いからです。

初年度は驚愕の71%off!

ただ、2年目以降は割引率が53%にダウンしてしまいます。Adobeマスター講座の割引率が約55%であることを考えると、どっちを選んでも良さそうですね。

とにかくコスパ!を追い求める方は、最安になる組み合わせ(はじめての利用は公式の学割 + 2年目以降はAdobeマスター講座)がベターです。筆者は面倒臭がり屋なので、ずっと公式学割を使い倒す派です。

Adobe公式サイトの「学生・教職員向けプラン」を選択することで、最安値で使えますよ!

(参考記事)学生必見|Adobe CCは学割で購入が最安値!対象校・証明方法や卒業後・2年目の扱いまで解説

詳細

学生の場合、Adobe Creative Cloudを最も安く利用する方法は、Adobeの公式学割を利用することです。

公式学割は学生及び教職員に提供され、通常価格の大幅な割引が適用されます。このプランを利用することで、Photoshop、Illustrator、Premiere Proなど、業界標準のクリエイティブツールへのフルアクセスが可能となり、学業や個人プロジェクトに役立てることができます。

さらに、学生版ライセンスは更新時にも学割が適用され続けるため、在学中はずっとお得にAdobe CCを使用することが可能です。

学業とクリエイティブな活動の両方に集中する学生にとって、コストを抑えつつ高品質なツールを利用できる最良の方法と言えます。

社会人にオススメの「デジハリ Adobeマスター講座」とは?

「Adobeマスター講座」は、デジハリ・オンラインスクールの公式認定講座

デジタルハリウッド(デジハリ)はAdobe公式に認定されたスクールです。

日本国内では有名な専門学校のひとつで、デジタルコンテンツやメディア関連においてプロのクリエイター育成に定評があります。所や時間に縛られずに学びたいという現代のニーズに応え、オンライン教育の形式で質の高いクリエイティブ教育を提供してくれています。

その中でも「Adobeマスター講座」は、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)の各種ソフトウェアを効果的に使用するためのスキルを習得するための専門的なトレーニングコースです。たとえば、Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Proなど、主要なAdobe CCアプリケーションの操作方法を学べます。

一番の特徴は、デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座を受講することで、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)の全製品の使用権が得られる点が挙げられます。講座の受講料にはAdobe CCのライセンス費用が含まれているため、受講期間中は追加費用なしでAdobe CCを利用することができるのです。

講座の受講期間は、全3か月。動画閲覧による座学 1か月と、課題作成の 2か月に分けられます。ここで疑問が出てくるかと思います。

「受講期間中しかAdobe CCを利用できないの?」

ご安心ください、Adobe CCのライセンスは公式サイトで契約するのと同様に、1年分ついてきます!

Adobeマスター講座では、Adobe CCの使い方をゼロから学ぶための充実したカリキュラムが用意されているので、これからデザイン領域に足を踏み入れたい方にとってベストな選択と言えるでしょう。

\ AdobeCCが 55% OFF!! /
デジハリAdobeマスター講座は
初心者・リスキリングしたい方に最適

なぜデジハリ経由で契約するとAdobe CCを安く使えるのか?

通常価格よりも大幅に安くAdobe CCを手に入れることができるカラクリがあります。

デジハリは専門学校であり、Adobeの教育パートナー(「アドビプラチナスクールパートナー」)でもあります。つまり、デジハリはAdobeと提携しているのです。このことから、学生・教職員版(アカデミック版)を特別価格で提供することができるのです。

Adobeはもともと、教育機関への支援の一環として、学生や教職員がより低価格でソフトウェアを利用できるようにしています。デジハリのAdobeマスター講座では、このアカデミック版のAdobe CCを、さらに割引価格で購入することができるよう企業努力してくれているというわけです。

怪しく、違法なやり口でソフトが提供されるわけではなく、正規ルートで本物のAdobe CCが使えるので安心してください。

講座に含まれる内容

デジハリのAdobeマスター講座では、Adobe CCのライセンス1年分に加え、充実した動画教材やプロのクリエイターによる作品の添削などが含まれています。

単にAdobe CCのライセンスを提供するだけでなく、スキルアップを支援するための充実した内容となっていることは、先にお伝えしたとおり。

基本的に、動画教材を見る→自分で手を動かす→動画教材を見る→……というサイクルで学習が進みます。Adobe CCの基本操作から応用、そして実践的なテクニックまで、わかりやすく丁寧に解説されています。

既に少し経験がある方にとっても基礎固めに役立つ内容となっていますし、動画の速度は自由に切り替えられますので知っているパートはサクサク飛ばして進めることもできますよ。

課題作成のための期間も設けられており、プロのクリエイターによる作品の添削を受けることで、自分の作品を客観的に評価してもらい、よりレベルの高い作品作りを目指せます。

Adobeマスター講座の内容はこちらを参照ください(公式サイトに遷移)

イラレ・フォトショ実習のイメージ

HTML/Dreamweaver実習のイメージ

After Effects/Premiere実習のイメージ

InDesign実習

ちなみに、講座を学習しなくてもAdobe CCは利用いただけます。筆者はAdobeマスター講座契約当初は、イラレ・フォトショの講座だけつまみ食いして利用していました。

Adobeマスター講座の内容はこちらを参照ください(公式サイトに遷移)

デジハリAdobeマスター講座のメリット

コストパフォーマンスの高さ

デジハリの講座では、Adobe CCを通常価格よりも大幅に安く購入できるため、コストパフォーマンスが非常に高いです。デジハリのAdobeマスター講座は、Adobe CCを通常価格の半額以下で購入できるため、コストパフォーマンスが非常に高いです。

これは、デジハリがAdobeの教育パートナーであること、そして学生・教職員向けの特別価格を提供していることが大きな理由です。

プロクリエイターのサポート

講座ではプロのクリエイターによる課題添削が含まれており、スキルアップを図ることができます。これにより実践的なスキルを身につけることが可能です。

デジハリのAdobeマスター講座では、プロのクリエイターによる課題添削を受けることができます。これは、単に技術的なスキルを学ぶだけでなく、プロの視点から作品を評価してもらうことで、より実践的なスキルを身につけることができるからです。

柔軟な学習スケジュール

オンライン講座なので、自分の都合に合わせて学習を進めることができます。

デジハリのAdobeマスター講座は、オンラインで受講できるため、自分のペースで学習を進めることができます。仕事やプライベートが忙しい社会人にとって、非常に便利な環境です。

デジハリ版Adobe CCのデメリットと注意点

法人利用ができない

デジハリのAdobeマスター講座は個人向けであり、法人としての購入はできません。

企業で利用する場合は通常版を検討する必要があります。デジハリのAdobeマスター講座は、個人向けの講座であり、法人向けのサービスではありません。企業でAdobe CCを利用する場合は、Adobe公式サイトから通常版を購入する必要があります。

1年ごとの更新が必要

Adobe CCのライセンスは1年ごとに更新する必要があります。継続して利用するには、毎年新しいライセンスを購入する必要があります。

デジハリのAdobeマスター講座で提供されるAdobe CCのライセンスは、1年間有効です。継続して利用するには、毎年ライセンスを更新する必要があります。

言い換えると、何年でも何度でも「継続」利用することができます!継続利用の方法も、新規利用の方法も全く同じ手順でできます(この後解説します)。

Adobeマスター講座の申し込み手順(新規・継続とも同じ手順です!)

デジハリのAdobeマスター講座は、申込みからAdobeCCの利用開始までが最短10分です。

まずは公式サイトにアクセスし、画面下部にある「講座のお申し込み」ボタンをタップ・クリックすると、以下の画面が表示されます。

内容をよく読んで、チェックを入れ、「Adobeマスター講座にお申し込み」に進みましょう。

今回初めて申し込む人も、2年目以降継続して申し込む人も同じ手続きです!

必要事項を入力し、お支払いに進みます。実際にAdobe CCを利用開始するまでの期間は、支払い方法によって若干異なるので注意が必要です。以下の表にまとめましたのでご参照ください。

支払い方法コードが送られてくるまでの時間
クレジットカード決済
(⭐️オススメ⭐️)
手続き完了とほぼ同時に送られてきます!
銀行振込銀行の営業時間内なら30分程度 営業時間外なら翌朝9時以降
コンビニ決済支払い後3時間程度

土日祝日でも365日対応!思い立ったが吉日で、すぐ始めることが可能ですよ!

\ AdobeCCが 55% OFF!! /
デジハリAdobeマスター講座は
初心者・リスキリングしたい方に最適

Adobeマスター講座を利用開始する前に、Adobeソフトの使用感を確かめたい場合は「無料お試し期間」を活用するのも一手です。Adobe公式サイトにアクセスし、無料トライアルに申し込みましょう。

利用者(筆者)のレビューと感想

多くの利用者がデジハリのAdobeマスター講座に満足しており、そのコストパフォーマンスや学習環境の良さが評価されています。

筆者自身、リスキリングの一環としてAdobeマスター講座の動画教材を利用(イラレ、フォトショ)したのですが、講師の教え方がとても上手なのと、再利用可能なイラレ・フォトショのファイルが配布されるので復習もスムーズに進めることができました。

私は早送りしながら利用したのですが、全くの初学者から1か月もあれば最低限の機能理解と操作ができるようになり、自分がやりたかったことを実現できるようになりました。

X上でもさまざまな口コミが投稿されているので、ぜひ検索してみてください。

Xで「Adobeマスター講座」を検索した結果はこちらから

学生の場合は「公式の学割」がコスパ最強だが初年度のみ → 2年目以降はAdobeマスター講座の方がコスパが良い

皆さまが学生の場合、Adobe CCはAdobe公式サイトから学割で購入するのがベストです。

初年度は年間26,162円(税込)で契約でき、Adobeマスター講座を利用するよりもさらに安いからです。

初年度は驚愕の71%off!

普通に購入する場合の3割の費用で利用できるなんて、もはやバグです。学生なら絶対に学割を利用すべきです。

……が、注意が必要です。

「初年度は」 年間26,162円(税込)

つまり、2年目以降は値段が上がります。といっても、2年目以降も53%OFFと通常価格の半額です。

そのまま使い続けても良いのですが、Adobeマスター講座の費用は公式の55%OFFであることを考えると、若干ではありますがAdobeマスター講座の方がコスパが良いと言えます。

切り替えが面倒な学生は、学生期間中は公式学割を使い倒す

Adobe公式サイトの「学生・教職員向けプラン」は、学生期間中ずっと適用されます。したがって、この公式学割を使い倒し、初年度は71%OFFで利用し、2年目以降は53%OFFで利用するのが最も楽です。

面倒臭がり屋の学生さんは、こちらをオススメします。筆者が学生ならそうします。

とにかくコスパを追い求めたい学生は、公式学割→Adobeマスター講座に乗り換えよう

2年目以降は、Adobeマスター講座の方が若干安くなります。なので、最安値を追求したい学生さんは、初年度は公式学割を活用し、2年目以降はAdobeマスター講座に乗り換えることで、常に最安プランを選択し続けることが可能になりますよ。

\ AdobeCCが 55% OFF!! /
デジハリAdobeマスター講座は
初心者・リスキリングしたい方に最適

この記事のまとめ

社会人のAdobe CC購入は、デジハリのAdobeマスター講座が最安値

社会人にとって、デジハリのAdobeマスター講座はAdobe CCを最も安価に利用する方法です。

年間39,980円で全製品の年間ライセンスと専門的なトレーニングが含まれ、長期的に見ても大きなコストパフォーマンスを実現しています。

2年目以降も継続して同条件で契約可能な点も見逃せません。

学生がAdobe CCを契約するなら、公式の学割利用が最安値(初年度)

学生はAdobeの公式学割を利用することで、71%OFFという異次元の低価格でAdobe CCを利用可能になります。学割は在学中は何度も更新が可能で、コストパフォーマンスが非常に高いです。

ただし、2年目以降は割引率が悪くなるので、Adobeマスター講座に乗り換えるのも一手です。

Adobe公式サイトから申し込めますので、必ず「学生・教職員向けプラン」を選択するのをお忘れなく!

この記事では「とにかく最安値でAdobe CCを利用したい!」という皆さんの希望を叶えるべく、詳しく詳しく解説してきたつもりです。これを機に、ぜひクリエイティブの世界に飛び込んでみてくださいね。

\ AdobeCCが 55% OFF!! /
デジハリAdobeマスター講座は
初心者・リスキリングしたい方に最適

当サイトは第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、もしもアフィリエイト、Linksahre、バリューコマース、afb、レントラックス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用し、紹介料などの収益を得ています。得られた収益は、読者の皆さまにより有益な情報提供を行うための取材費用に充てられます。
記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次