【東京都よろず支援拠点】「ものづくり補助金ワンポイントアドバイス」

この記事の内容は、2019/3/4 にメルマガで配信した内容をバックナンバーとして掲載しています

最新情報はメールマガジンでご連絡しています。

皆様
こんにちは!東京都よろず支援拠点です。

さて、今回は「ものづくり補助金ポイント」に関してご説明いたします。

先日2/23(土)に1次公募の締切がありましたが、公募期間が

とても短かかったため、2次公募5/8(水)締切までに

申請されようという方が多いのではないでしょうか。


<ものづくり補助金 東京事務局 WEBサイト>
https://www.tokyochuokai.or.jp/flash/1740-30-30.html


この補助金は中小企業・小規模事業者等が生産性向上に
資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス
の改善に必要な設備投資等をする際に活用できます。


補助金額:1,000万円(一般型) 500万円(小規模型)
補助率:1/2(要件を満たせば2/3)


この補助金は書類審査のみで決まります。
すなわち審査員が計画書を読んで採否を判断するのです。
その為、残念ながら不採択となってしまう理由は以下のものがあります。

1)計画そのものが不十分である
2)書くべき事が不足している
3)計画書が分かり難い
4)加点が不足して採択に達しなかった

1)で不採択になるのは仕方ないですが、2)~4)での

不採択はもったいないと思います。

公募要領のP33~34に審査項目、加点項目が

記載されていますのでよく確認しましょう。



よろず支援拠点では、補助金・助成金に限らず経営の方向性や、

事業計画のブラッシュアップのご相談をしています。


例えば、「経営力向上計画」「経営革新計画」「先端設備導入計画」

「創業計画」等、こういった制度に基づく計画づくりによって

事業者様に計画的で確実な経営活動をして頂けるよう、

全力でご支援しています。



東京都よろず支援拠点
コーディネーター 西川